日用の器を直して楽しむ、金継ぎ工房「繕いのうつわ」のブログ


by tsukuroinoutsuwa

<   2012年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

道八作朝鮮模片口鉢

c0223222_22481621.jpg重々しい釉薬と見込みに彫られた箆のリズムがたっぷりとした風情を湛える高橋道八の片口鉢です。
縁の部分が欠けていましたので、漆で整形してから金を蒔きました。
お客様がとても大切にされているお気に入りだそうです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:53 | 食器(皿/鉢/椀など)

半七作乾山写向付

c0223222_22442537.jpg菖蒲の絵付けが美しい、昭和の今乾山と言われた白井半七の向付です。
口の部分が欠けていましたのでパテで整形してから金を蒔きました。
お客様が大切にされているコレクションのひとつだそうです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:46 | 食器(皿/鉢/椀など)

雅泉作抹茶碗

c0223222_2240161.jpg品のある形が美しい雅泉の抹茶碗です。
口の部分が欠けていましたのでパテで整形してから金を蒔きました。
お客様のコレクションのひとつだそうです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:42 | 茶器(茶碗/宝瓶など)

有田焼湯呑み

c0223222_22364286.jpg鳥の絵付けがどことなくユーモラスな有田焼の湯呑みです。
口の部分が欠けていましたのでパテで整形してから金を蒔きました。
お客様の普段遣いのお気に入りだそうです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:38 | 茶器(茶碗/宝瓶など)

カフェオレボウル

c0223222_22323570.jpg植物模様の絵付けが特徴のカフェオレボウルです。
口の部分の上絵がぐるりと剥がれてしまっていたので、漆で補修してから金を蒔きました。
お客様は抹茶碗として使われているそうです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:35 | 茶器(茶碗/宝瓶など)

虫明焼煎茶碗

c0223222_22283152.jpg灰青色の窯変が美しい虫明焼の煎茶碗です。
口の部分に欠けがあり、さらに見込みにかけて大きな罅がありましたので、パテと漆で整形してから金を蒔きました。
お客様のコレクションのひとつだそうです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:31 | 茶器(茶碗/宝瓶など)

古伊万里向付

c0223222_2222769.jpgほのぼのとした呉須の絵付けが楽しい古伊万里の向付です。
切放しの口の部分にほつれがありましたので、漆で整形してから金を蒔きました。
これも日本料理店の大将から頂いたものです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:26 | 食器(皿/鉢/椀など)

工房の湯呑み

c0223222_22162369.jpg工房で使っている湯呑みが足りなくなったので、手持ちの湯呑みを直しました。
私が金継ぎを始めるきっかけになった日本料理店で使われていたものです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:19 | 茶器(茶碗/宝瓶など)

わが家の箸置き

c0223222_2282836.jpg収集しているわけではありませんが、わが家にはいろいろな箸置きがあります。
洗い物をしているとつい手を滑らせて…時々欠けてしまします。
その度に直して使っているのであちこち金継ぎだらけです。
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:14 | 食器(皿/鉢/椀など)
当工房では
修理のご依頼、工房の見学、教室の体験など、随時受け付けております。
お気軽に、お問い合わせください。

なお、工房ではお客様の大切な器をお預かりして
ホコリを嫌う繊細な作業をしておりますので
ご来店の際は、必ず、事前にお電話にてご予約下さい。

メディアの取材なども事前にご連絡いただければ対応可能です。



すべてのお問い合わせはこちらまで
地図をクリック拡大>>
Google map で見る>>
phone 075-744-0898
e-mail koishihara@chige.com
c0223222_9435051.jpg
by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-04 09:11 | 工房のご案内