<   2009年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

金継ぎ教室のご案内 〈岡山教室〉

少人数制で、かぶれにくい漆と純金粉を使って、
「罅の補修」から
「割れの継ぎ合わせ」
「欠損片の整形」までを実習します。

どなたでも簡単にはじめられます。
そして、知れば知るほどその奥深さが
ますます楽しくなります。

毎週 月曜開講
月謝12,000円(月4回/道具・材料費別途)
10:30 空きあり
13:30 満員御礼
15:30 空きあり
17:30 空きあり
19:30 空きあり
(5講座・各90分・定員6名)

くわしくはお問い合わせください。

お問い合わせ先はこちら>>

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-27 01:56 | 金継ぎ教室について  

当工房の使用材料について

お客様に安心してご使用いただけるよう
安全性の高い素材を厳選して使用しております。

使用材料一覧
パテ
 ITWインダストリー株式会社 デブコン耐熱パテ
 耐熱温度120℃ 食品衛生法(厚生省告示第370号)規格適合

接着剤
 東亞合成株式会社 アロンアルファ
 食品衛生法(厚生省告示第20号)規格適合


 植物由来漆

金粉
 金沢今井金箔製 純金箔 純金消粉 純金丸粉 銀消粉

一度は壊れ、繕われて蘇った陶磁器が、
お客様のお手元で再び永くご愛用いただけますよう、
当工房では再修理や金の蒔き直しのご相談も承っております。
お気軽にお申し付けください。

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-27 01:55 | 品質/アフターケア  

工房へのアクセス・修理のご依頼 〈岡山工房〉

当工房では
修理のご依頼、工房の見学、教室の体験など、随時受け付けております。
お気軽に、お問い合わせください。

なお、工房ではお客様の大切な器をお預かりして
ホコリを嫌う繊細な作業をしておりますので
ご来店の際は、必ず、事前にお電話にてご予約下さい。

メディアの取材なども事前にご連絡いただければ対応可能です。



すべてのお問い合わせはこちらまで
地図をクリック拡大>>
Google map で見る>>
phone 086-803-5950
e-mail koishihara@chige.com
c0223222_9412055.jpg

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-27 01:50 | 工房のご案内  

うつわが壊れてしまったら

修理をご依頼になる前に、落ち着いて…

1.できるだけすべての破片を集めておきます。
2.食器用洗剤で良く洗って、自然乾燥させます。
3.ヒビのあるものは、酸素系の漂白剤で漂白し、
 さらに、一晩、水に晒してから自然乾燥させます。
4.破片同士がぶつからないように紙などに包んでおく。

磁器などの破片は大変鋭利です。
怪我をしないように十分お気おつけください。

慌てて、破片同士を組み合わせたり、
接着剤でくっつけないでください。
修理が難しくなります。


こんな器たちも直せます…。

1.割れた破片が無くなってしまった。
2.接着剤で直そうとしたら失敗してしまった。
3.一度、修理したところが剥がれてしまった。


陶磁器の割れ、欠け、ほつれ、罅
うつわのお直し承ります。
ご自分で直してみたい方は、お教室で。
まずはお電話にて、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先はこちら
岡山工房>>
京都工房>>

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-26 21:52 | 工房のご案内  

金継ぎとの出会い

この道の芸歴は30年ほどになります。
最初のキッカケは、
当時、正倉院の螺鈿紫檀五弦琵琶に魅せられて、螺鈿細工にはまっていました。
それに使う夜光貝が高価で私には手が出ず、
知り合いの日本料理店の大将にアワビの殻を分けてもらっていました。
ある日
「おにいちゃん、うちの欠けた器、直せんかなぁ?キンツギゆうのがあるじゃろぉ」
「螺鈿が出来るんならおんなじ様なモンじゃけぇ」と、大将。

というわけで、以来、欠けた器が溜まるたびに
そのお店の繕いを引き受けていました。
大将のお店はずいぶん前に閉店してしまいました。

普段遣いの器でも
欠けたり、ひびが入っても愛着のあるものを
繕って使うのは、また違った器の世界が広がります。

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-26 21:38 | 工房のご案内  

繕いのうつわ 金継ぎとは

陶磁器は、使い続けるうちに
いつか、割れたり欠けたりしてしまいます。
それでも愛着をもち、かけらをつなぎ合わせ、
元の形や風情を残したいとする考えが、日本にはあります。
そうして考案されたのが「金継ぎ」です。
金継ぎの発祥は茶の湯が盛んになった室町時代に遡るといわれます。

「金継ぎ」で繕ったところを「景色」と呼び、
美的に優れたものとする侘びさびの心や、
ものを大切に扱い、それを「見立て」によって楽しむ精神は、
日本固有の美学といえます。

お手持ちのうつわのお直し承ります。
お気軽に、ご相談下さい。

お問い合わせ先はこちら
岡山工房>>
京都工房>>
c0223222_283328.jpg

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-26 21:20 | 工房のご案内