修理品のお取り扱いについて

金継ぎは室町時代より伝わる陶磁器の修理法のひとつで、
優れた堅牢性と装飾性を併せもつ技法です。
修理の工程で、漆と純金といったデリケートな材料を用いておりますので、
日常のご使用につきましては次の点にご注意ください。

使うとき
沸騰したお湯や汁物を入れないでください。
急激な温度変化は器を破損させます。

油分や水分の多い料理を長時間入れたままにしないでください。
漆が劣化することがあります。

電子レンジや蒸し器で加熱しないでください。
金の放電や漆の剥離を起こすことがあります。


洗うとき
つけ置き洗いをしないでください。
漆が劣化することがあります。

固いスポンジやクレンザーを使用しないでください。
金の剥離やキズがつくことがあります。

食器洗浄機を使用しないでください。
急激な温度変化は器を破損させることがあります。

しまうとき
濡れたまま乾燥させず、柔らかい布等で水分を拭き取ってください。

金を蒔いた部分を強く擦らないでください。

経年変化
ご使用の状態により、金が薄れることがありますが
耐水性等の問題はありません。

温度変化や摩擦によって漆が剥がれることがありますが、
その場合は再補修が可能です。

by tsukuroinoutsuwa | 2009-10-27 01:59 | 品質/アフターケア  

<< 灰釉鉄絵付七寸皿 金継ぎ教室のご案内 〈岡山教室〉 >>