<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

古伊万里染付徳利

c0223222_2241287.jpgよろけ縞のような線と模様のリズムが特徴的な古伊万里の徳利です。
アンティーク展に出品のため輸送の際に箱の中で押しつぶされるように割れてしまったそうです。
原形を留めていたのが奇跡的なほどの状態でしたが、漆を染み込ませてから金を蒔きました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:44 | 酒器(徳利/盃など)  

古伊万里覗き猪口

c0223222_22364453.jpgちょっと太めのちりめん唐草がなんとも楽しい古伊万里の覗きです。
縁の部分が欠けて胴に罅がありましたのでパテで補修してから金を蒔きました。
お酒を注がれるのが楽しくなりそうな猪口です。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:39 | 酒器(徳利/盃など)  

磁器絵付け二寸皿

c0223222_22322338.jpgそれぞれに絵柄の違う絵付けが楽しい豆皿です。
ひとつは真二つに、もうひとつは縁がバラバラに割れていましたので、破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。
輸送中に壊れてしまったそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:35 | 食器(皿/鉢/椀など)  

ブルーダニューブパーティープレート

c0223222_22284044.jpgブルーオニオンがトレードマークの和製マイセンといわれたブルーダニューブの皿です。
縁の部分が欠けていましたのでパテで補修してから金を蒔きました。
お客様が大切な方から頂いたプレゼントだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:30 | 食器(皿/鉢/椀など)  

マイセンブルーメプレート

c0223222_22105927.jpg型押しされた模様ととがった2つの縁が特徴的なマイセンのブルーメシリーズの皿です。
角の部分が欠けていましたのでパテで補修してから金を蒔きました。
このシリーズはときどき修理しますが型押しの模様を再現するのに苦心します。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:14 | 食器(皿/鉢/椀など)  

白磁鋳込み猪口

c0223222_2261658.jpg家紋を囲んだ亀甲模様が特徴的な白磁の猪口です。
口の部分に小さな欠けと見込みに向かって罅がありましたので漆で補修してから金を蒔きました。
東京から宅配便でのご依頼でした。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:08 | 酒器(徳利/盃など)  

マイセン珈琲カップ

c0223222_2205113.jpg簡略化された花の模様がアクセントになっているマイセンの珈琲カップです。
把手の側面に罅がありましたので漆を染み込ませてから金を蒔きました。
お客様のカップコレクションのひとつだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 22:04 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

粉引き大皿

c0223222_2154247.jpg学生時代に陶芸科の連中に交じって「民芸ごっこ」と称して作った大皿です。
最近落として割ってしまったので破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。
マンガンを多く含んだ土に粉引きをすると淡い緑に発色するので気に入っていました。30年近く前の話です。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 21:58 | 食器(皿/鉢/椀など)  

玉楮象谷堆朱菓子皿

c0223222_2144386.jpg向蝶の家紋をあしらった象谷の菓子皿です。
皿の縁の部分が欠けたり割れたりしていましたので、色の違う漆を交互に塗り重ねて研ぎ出しました。
堆朱の表情を活かすために金は蒔いていません。
お客様が大切にされている品物でお正月のお祝いに使われるそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 21:50 | 食器(皿/鉢/椀など)  

漆直し体験ワークショップのお知らせ

工房のある出石町で岡山芸術回廊の
関連イベントとして「出石廻り」が開催されています。
繕いのうつわでもワークショップの開催という形で参加しています。
今度の日曜日、初心者でも簡単に直せる「漆直し」の
体験ワークショップを実施しますので興味のある方は
是非、この機会にご参加下さい。

□開催日時 2011年11月27日 12:00〜17:00
□開催場所 繕いのうつわ工房 岡山市北区出石町1-9-9
□参加料金 1,500円
□持参するもの 直したい器(直径15cm以内の食器、小さな欠けやヒビのあるものが好ましい)
 ※汚れてもよい服装またはエプロン等を用意の上、ご参加下さい。

当日参加も大歓迎ですができるだけ事前にご予約下さい。

ご予約・お問い合わせ
<繕いのうつわ>
phone 086-803-5950
e-mail koishihara@chige.com

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 21:40 | イベント/作品展