<   2011年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

萩焼ぐい呑

c0223222_16435380.jpg使い込まれ詫びた釉薬が美しい萩焼のぐい呑です。

バラバラに割れて大きな罅が入っていたので、破片を繋ぎ合わせてから漆を染み込ませて金を蒔きました。

お客様が30年以上も愛用されたものだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:49 | 酒器(徳利/盃など)  

細工備前馬置物

c0223222_16384837.jpg立ち姿が愛らしい備前焼の馬の置物です。

後ろ足が2本とも折れていましたので、破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。

細い部分の接合は強度を出すために、破片の中に真鍮棒を埋め込んであります。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:42 | 他の陶磁器など  

磁器一輪差し

c0223222_1632331.jpg深い群青の釉薬と美しい光沢が緊張感を漂わせる磁器の一輪差しです。

口の部分が小さく二重に欠けていましたので、パテで整形してから金を蒔きました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:36 | 花器(投入/水盤など)  

備前高坏水盤

c0223222_16271931.jpg高坏の形を模した姿が凛々しい備前焼の水盤です。

縁の部分が大きく割れていましたので、破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。

お客様が意匠を考えて窯元に特注されたそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:30 | 花器(投入/水盤など)  

磁器ビアカップ

c0223222_16195683.jpgいっちん掛けの模様が素朴な磁器のビアカップです。

コンクリートの床に落として粉々になっていましたので、破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。

我が家のビアカップなのですが久し振りのペアカップに戻りました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:23 | 酒器(徳利/盃など)  

硝子ゴブレット

c0223222_16145212.jpg発泡硝子の泡が美しい硝子のゴブレットです。

縁の部分にヒビが入っていましたので漆を染み込ませてから、金を蒔きました。

硝子を透かして見える裏の部分に色漆を引いてあります。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:18 | 他の陶磁器など  

硝子サラダボウル

c0223222_1692219.jpg細かいヒビの模様が特徴的な硝子のサラダボウルです。

縁の部分が欠けていましたので、パテで整形してから金を蒔きました。

硝子は補修した裏側が見えてしまうので、瑕よりも大きく金を蒔きます。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:13 | 他の陶磁器など  

岡山 金属展 2011

c0223222_1836313.jpg今年で26回目の開催となる展覧会です。
金属を素材として制作をされている
さまざまなジャンルの作家が出品しています。
私も金継ぎをした8枚組みの皿を出品しています。
(金継ぎも「金」という金属を使います)

今週の日曜日までですが、
お近くへお出かけの際はお立ち寄りください。

詳細はこちら>>

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-18 18:45 | イベント/作品展