<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

備前焼花入れ

c0223222_3541947.jpg切り取った土の造形に緊張感の漂う松田華山の花入れです。

落して割ってしまったそうで、バラバラに壊れて無数の罅が走っていました。

破片を繋ぎ合わせてから漆をしみ込ませては漏水のチェックを繰り返して、半年以上かかってやっと仕上がりました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:58 | 花器(投入/水盤など)  

伊万里菊紋蕎猪口

c0223222_3475162.jpg繊細な菊の造形が美しい伊万里の蕎猪口です。

切放しの口が何カ所も解れて、罅も走っていましたので漆とパテで補修してから金を蒔きました。

お客様が骨董市で見つけた掘出し物だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:50 | 食器(皿/鉢/椀など)  

ギリシャの小物入れ

c0223222_3423026.jpg素焼きの肌と繊細な模様が美しいギリシャの小物入れです。

ふたの部分がバラバラに割れていましたので、破片を繋いでから金を蒔きました。

お土産の陶器らしく素焼きの上にエナメルで絵付けが施されているもので、普通の陶器とは勝手の違う繕いとなりました

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:46 | 他の陶磁器など  

唐津小鉢

c0223222_3375449.jpg風変わりな造形がとても面白い唐津焼の小鉢です。

変形した縁の周りが欠けていましたので、パテで整形してから金を蒔きました。

いったいどんな料理を盛りつけるのでしょう?料理人の腕が試される器です。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:40 | 食器(皿/鉢/椀など)  

小西陶古猪口

c0223222_3343290.jpg繊細さと素朴さを合わせ持った備前焼の小西陶古の猪口です。

口の部分が欠けていましたのでパテで整形してから金を蒔きました。

お客様の晩酌の良き相棒だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:36 | 酒器(徳利/盃など)  

伊万里なます鉢

c0223222_3292072.jpg唐草模様と口の部分の朱が美しい伊万里のなます鉢です。

口の部分に細かいほつれがいくつもありましたので、漆で補修してから金を蒔きました。

お客様のお気に入りの鉢だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:32 | 食器(皿/鉢/椀など)  

唐津湯呑

c0223222_3243949.jpg藁灰と土の風合いが素朴な唐津焼の湯呑みです。

口の部分に剥がれるような罅がありましたので、漆で補修してから銀を蒔きました。

銀を硫黄で焼いて、落ち着いた雰囲気に仕上げました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:27 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

ローゼンタールコーヒーカップ

c0223222_3163890.jpg透けるほど薄い白磁が美しいローゼンタールのスタジオラインのコーヒーカップです。

形を留めているのが不思議なほど全体に罅が回っていました。
漆をしみ込ませてから金を蒔きました。

私に金継ぎをやってみないかと声をかけてくださった大将の置き土産です。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:23 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

とあるバーの食器たち

c0223222_324422.jpg知り合いの紹介で修理を依頼されました。

お店で使っていて、割れたり欠けたりした器たちです。

続きをみる>>

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:10 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

岡本欣三の猪口

c0223222_2531277.jpg素朴な縞模様がユーモラスな岡本欣三の猪口です。

口の周りに窯でできた荒れがありましたので砥石で研磨してから金を蒔きました。

お客様のお気に入りの猪口だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 02:55 | 酒器(徳利/盃など)