<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

伊万里なます鉢

c0223222_043209.jpg内側の豪華な金襴手、外側の大胆な呉須の唐草模様が印象的な伊万里のなます鉢です。

縁の部分に罅が2本ありましたので漆をしみ込ませてから金を蒔きました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-22 00:46 | 食器(皿/鉢/椀など)  

伊万里花菱皿

c0223222_042793.jpg縁の精緻な造形と金襴手の絵付け、見込みの植物模様が繊細な伊万里焼の皿です。

縁の部分が欠けていましたのでパテで整形してから金を蒔きました。

変形で意匠を凝らした造形は整形にも神経を使います。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-22 00:42 | 食器(皿/鉢/椀など)  

伊万里三寸小皿

c0223222_0355350.jpg赤絵と金彩の絵付けが美しい伊万里焼きの小皿です。

縁から高台にかけて罅がありましたので、漆をしみ込ませてから金を蒔きました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-22 00:37 | 食器(皿/鉢/椀など)  

九谷馬上盃

c0223222_0321786.jpg繊細な赤絵が美しい九谷焼の馬上盃です。

口の部分が欠けていましたので、パテで整形してから金を蒔きました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-22 00:33 | 酒器(徳利/盃など)  

志野茶碗

c0223222_336397.jpg白い釉薬が特徴的な志野焼の茶碗です。

口の部分欠けて、たくさんの罅がありましたので、漆をしみ込ませて、パテで補修してから金を蒔きました。

お客様が趣味の陶芸で、初めて作った思い出の茶碗だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-09 03:40 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

磁器紅茶碗

c0223222_3293790.jpg極限まで薄い生地に金彩が美しい磁器の紅茶碗です。底に大日本陶磁器と書かれています。

箱のまま落としてしまった衝撃で、かなり深刻な罅が走っていましたので、漆をしみ込ませてから金を蒔きました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-09 03:35 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

伊万里大皿

c0223222_325641.jpg直径が50cmもある伊万里の大皿です。

縁の部分が欠けていたので、パテで補修してから金を蒔きました。

お客様のご主人の形見の品物だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-09 03:27 | 食器(皿/鉢/椀など)  

萩茶碗

c0223222_319884.jpg白い化粧と藁灰の掛け分けが美しい萩焼の茶碗です。

江戸時代の中期のものだそうで口の部分が掛けて底に向かって罅が走っていました。
漆で補修してから銀を蒔きました。

侘びた風合いにするために銀を硫化させて仕上げました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-09 03:24 | 茶器(茶碗/宝瓶など)  

備前大擂鉢

c0223222_3125622.jpg直径が50cmもあり、荒々しい土の表情と奔放な篦目が特徴的な金重陶陽の大擂鉢です。

高台に沿って、窯瑕が出来ていたのでパテで補修してから金を蒔きました。

今年のお正月に飾られるそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-09 03:17 | 食器(皿/鉢/椀など)  

バカラ ロックグラス

c0223222_365383.jpg透き通った硬質のガラスが美しいバカラのロックグラスです。

口の部分に2カ所チップがありました。漆を何度も塗る重ねて盛り上げ、金を蒔いて仕上げました。

お客様の一番のお気に入りのグラスだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-01-09 03:11 | 他の陶磁器など