カテゴリ:食器(皿/鉢/椀など)( 91 )

 

万古焼土鍋

c0223222_12404311.jpgおなじみの万古焼の土鍋です。
胴の部分が真っ二つに割れていましたので、熱硬化型のセラミックボンドで接着し、鎹を打って補強してから金を蒔きました。
お客様が永年使われている大切な土鍋だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2013-05-10 12:43 | 食器(皿/鉢/椀など)  

永楽三島深鉢

c0223222_12502687.jpg印花紋と深い碧の釉薬が美しい深鉢です。
縁の部分が欠けていましたので、パテで整形してから金を蒔きました。
お客様のお正月用のとっておきの器だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2013-03-16 12:53 | 食器(皿/鉢/椀など)  

京焼片口鉢

c0223222_1247202.jpg凛とした口のつくりが美しい片口の菓子鉢です。
口の部分が欠けていましたので、パテで整形してから金を蒔きました。
お客様のお気に入りの品だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2013-03-16 12:49 | 食器(皿/鉢/椀など)  

青磁五花高杯

c0223222_22304130.jpg深い青緑の釉薬が美しい青磁の高杯です。
バラバラに割れていましたので、破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。
お客様のリクエストで割れを枝幹に見立てて、花を描きました。裏面には小さな蕾だけを配して、冬から春への桜にしました。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-12-19 22:36 | 食器(皿/鉢/椀など)  

青花十角輪花鉢

c0223222_2282757.jpg染め付けの模様が美しい青花の鉢です。
縁から見込みにかけて罅がありましたので、漆を染み込ませてから金を蒔きました。
とても薄手の繊細な器です。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-12-19 22:12 | 食器(皿/鉢/椀など)  

磁器印判染付輪花皿

c0223222_21492566.jpg桃の印判模様が楽しい染付の皿です。
縁の部分が割れて粉々になっていましたので、破片を繋いで、欠損部分をパテで整形してから金を蒔きました。
お名前に因んで、桃の器をコレクションされているお客様が、旅の記念に手に入れられたものだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-12-19 21:54 | 食器(皿/鉢/椀など)  

磁器染付醤油差

c0223222_3575257.jpg
昭和のレトロな雰囲気が漂う醤油差です。
首の部分がバラバラに割れていましたので、破片を繋いでから金を蒔きました。
お客様のお母様の形見だそうです。
また卓袱台で毎日活躍できるようになりました。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-08-30 04:04 | 食器(皿/鉢/椀など)  

古伊万里染付八角大皿

c0223222_7205798.jpg九曜に配された見込みの模様と輪花の縁が特徴的な古伊万里の大皿です。
バラバラに割れて小さく砕けた破片も多数ありましたので、破片を仮組みしてから接着して金を蒔きました。
お客様ご夫婦の思い出のお皿だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-06-22 07:30 | 食器(皿/鉢/椀など)  

京焼豆皿

c0223222_703537.jpg縁の蛸唐草が粋な二寸足らずの小さな京焼の豆皿です。
粉々に割れていましたので、慎重に破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。
お客様が大切にされているお皿だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-06-22 07:03 | 食器(皿/鉢/椀など)  

朱塗碗

c0223222_6531863.jpg均整のとれた木地の形が美しい朱塗りの碗です。
縁の部分が割れていましたので、破片を繋いでから金を蒔きました。
本来は漆を塗り直すのですが、組物の場合は色を揃えるために全てを塗り直さないといけません。
このように一時的に金継ぎで直しておくのも普段遣いには楽しいですね。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-06-22 06:59 | 食器(皿/鉢/椀など)