信楽焼鬼瓦置物

c0223222_2144395.jpg手の込んだ顔の造形がユーモラスな信楽焼の小さな置き物です。
床に落としてバラバラに割れていましたので、破片を繋ぎ、欠損部をパテで整形してから金を蒔きました。
お客様のお店の開店当時からのお守りだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-12-19 21:48 | 他の陶磁器など  

<< 磁器印判染付輪花皿 中国文房磁器筆皿 >>