備前緋襷ぐい呑

c0223222_7121916.jpg荒い山土と緋襷の色が風情のある備前焼のぐい呑みです。
バラバラに割れていましたので全ての破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。
小さい器が多数に割れていると破片が入りにくいのでちょっとしたコツが必要です。
お客様の焼き物コレクション第1号で、思い出のぐい呑みだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-06-22 07:18 | 酒器(徳利/盃など)  

<< 古伊万里染付八角大皿 楽茶碗 >>