古伊万里輪花蕎麦猪口

c0223222_1121964.jpg白磁の肌と繊細な輪花が美しい古伊万里の蕎麦猪口です。
口から胴にかけてぐるりと罅が入っていましたので、漆を染み込ませてから金を蒔きました。
輪花の蕎麦猪口は時々直しますが、凹凸の表面に漆の線を引くのは気を遣います。
金継ぎ教室の生徒さんからの依頼です。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-04-15 01:18 | 食器(皿/鉢/椀など)  

<< Oseraに掲載されました 唐津鉄絵湯呑 >>