半七作乾山写向付

c0223222_22442537.jpg菖蒲の絵付けが美しい、昭和の今乾山と言われた白井半七の向付です。
口の部分が欠けていましたのでパテで整形してから金を蒔きました。
お客様が大切にされているコレクションのひとつだそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2012-01-18 22:46 | 食器(皿/鉢/椀など)  

<< 道八作朝鮮模片口鉢 雅泉作抹茶碗 >>