玉楮象谷堆朱菓子皿

c0223222_2144386.jpg向蝶の家紋をあしらった象谷の菓子皿です。
皿の縁の部分が欠けたり割れたりしていましたので、色の違う漆を交互に塗り重ねて研ぎ出しました。
堆朱の表情を活かすために金は蒔いていません。
お客様が大切にされている品物でお正月のお祝いに使われるそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-11-24 21:50 | 食器(皿/鉢/椀など)  

<< 粉引き大皿 漆直し体験ワークショップのお知らせ >>