細工備前馬置物

c0223222_16384837.jpg立ち姿が愛らしい備前焼の馬の置物です。

後ろ足が2本とも折れていましたので、破片を繋ぎ合わせてから金を蒔きました。

細い部分の接合は強度を出すために、破片の中に真鍮棒を埋め込んであります。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-08-25 16:42 | 他の陶磁器など  

<< 萩焼ぐい呑 磁器一輪差し >>