備前細工香炉

c0223222_4252183.jpg細かな細工が見事な備前焼の香炉です。亀(玄武)の背中に仙人が乗っているので、おそらく中国の盧敖(黄安)仙人だと思われます。

通称亀仙人ともいいますが、お客様が小さい頃に姉弟で「ガメラVS亀仙人」として闘わせてしまったそうです。満身創痍で工房へ持ち込まれましたが、すべての破片をクリーニングしてから繋ぎあわせ金を蒔きました。

亀の口と仙人の袂から香が立ち上る凝った細工で、亡きお父上の形見の香炉だそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-05-20 04:26 | 他の陶磁器など  

<< 岡山 金属展 2011 古伊万里染付大鉢 >>