備前緋襷小鉢

c0223222_3472099.jpg口の部分を縁取るように入った緋襷が特徴的な備前焼の小鉢です。

中央から真っ二つに割れて、大きな罅もはいっていました。破片を繋いでから金を蒔きました。

この小鉢はカフェオレボウルとして使われているそうです。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-05-20 03:51 | 食器(皿/鉢/椀など)  

<< 古伊万里金彩染付大皿 常滑焼急須 >>