備前焼花入れ

c0223222_3541947.jpg切り取った土の造形に緊張感の漂う松田華山の花入れです。

落して割ってしまったそうで、バラバラに壊れて無数の罅が走っていました。

破片を繋ぎ合わせてから漆をしみ込ませては漏水のチェックを繰り返して、半年以上かかってやっと仕上がりました。

by tsukuroinoutsuwa | 2011-02-25 03:58 | 花器(投入/水盤など)  

<< 料金、納期と作業の流れ 伊万里菊紋蕎猪口 >>