ビアグラス

c0223222_15322186.jpg夭折のガラス作家赤澤清和のビアグラスです。
口の部分が割れてチップした部分が欠損し、
さらに罅がグラスをほぼ一周するように走っていました。






c0223222_15323838.jpg個性の強い作品で、
単に金を蒔いただけでは作品の雰囲気に合わないので、
金を蒔いて研ぎ出し、さらに金を蒔いて磨き上げ、
最後に拭漆の要領で仕上げました。

お客様も私自身も生前の作家とおつきあいがあったので、
このような繕いが可能になりました。

by tsukuroinoutsuwa | 2010-01-12 15:27 | 他の陶磁器など  

<< うちの飯茶碗 相馬湯呑 >>