流釉蓋付注瓶

c0223222_23331868.jpg丹波の蓋付注瓶、作者は民藝の流れを継ぐ市野茂良です。
蓋が粉々に割れていました。
すべての破片を繋ぎ合わせて金を蒔きました。

複雑に割れた破片は、繋ぎ合わせる順序を間違えると元通りに収まらなくなるので、ちょっとしたパズルです。

by tsukuroinoutsuwa | 2009-11-25 23:36 | 他の陶磁器など  

<< 信楽瓦香合 備前舟徳利 >>